酒と私

週替りコラム、テーマは酒と私だそうだ。

酒を飲むのも仕事のうちという中華圏において10年近くを過ごした経験があるので、誰もが私は大酒飲みの様に思っている様だが、実はそうではない。

下戸という訳ではないが、非常に顔に出やすい質である。両親が北海道生まれで、元来肌が白いからであろう。

実は大して飲んでもいないのに、頬が茹で蛸の様に紅潮するからだろうか、こいつは相当飲んでると思われ盃が回って来ない事も多い。本人はもう少し飲んでもいいのにと思っている最中であるから、人生思うように行かないものである。

思うように行かないという経験は、酒にまつわる失敗談が多い様に思う。

酒に酔い、理性を失い、野生となるからであろうか。

北京といえば白酒である。

羊と言えば白酒である。

そして、真冬と言えば白酒である。

ある時、腹蔵無く語り合える友人と、真冬の北京で羊の串焼きを食べる機会があった。

件の三要素が揃うという事は白酒である。

当時、金も無い若者であったため、羊を出してくれる回教徒(中国国内のムスリム)が経営する店に、スーパーで買い込んだ格安の白酒(500mlで100円)を持ち込んで羊を食べつくすという、アラーが聞いたら卒倒する様な宴を設けた。

最初は友人のペースであったが、途中から私が逆転。その勢いに押されたのか、何故か彼の従兄弟という男を呼びつけ、日中対決の様相である。彼が従兄弟を呼びつけた刹那、彼は野生を取り戻したのであろう。

中国人が最も大事にするという面子を捨て、何としても私を酔い潰そうとしているのである。

日本人のペースで飲んだら負ける。なので、酔い潰してしまえ。

白酒の乾杯は、人間関係を再確認するプロトコルだ。

何かと理由をつけて、共に盃を飲み干す。

野生を取り戻しつつある彼の乾杯の理由は、その乾杯の数と共に理性を失いゆく。

君の健康に乾杯から始まり、会ったことの無い彼の両親の健康を祝い、私の未来の嫁の健康を祝い、毛沢東思想を祝い、日中の友好を祝い始める。

祝う事が無くなると、辺り構わず盃を捧げる。猫に乾杯、箸に乾杯、白酒に乾杯、乾杯に乾杯。

もう完全に意味不明である。

気がつくと3人で500mlのペットボトル白酒を8本位空けた時だろうか、足元が妙に滑る事に気がついた。

何かと思うと、友人の従兄弟が失禁しながらも酒を飲み続けているのである。

流石に不味いと思い、携帯で車も呼ぼうにも、指が動かないのである。

そこで私の記憶は途切れている。

鼻を付く消毒薬の臭いで目を覚ますと、病院のベッドで川の字に三人が並んている。

看護士の説明だと、三人が卒倒したため、回教徒のオーナーが病院に運んでくれたのだという。

非常に失礼な事をしたものである。まあ、そのまま店に放っておいても、凍死されるだけだから厄介払いしただけなのかもしれないが。

その後、強烈な二日酔いに数日付きまとわれることになる。

二日酔い以上に困ったのが、栄養失調である。アルコールで胃腸がやられたのか、食べたものが消化されず、そのままの色で排出されてくるのである。全く体内で吸収されないため、数日は点滴で栄養を補給するハメになった。

今思うと、胃洗浄や透析をする事にならないで良かったと思う。

月日が経ち、それぞれ年齢と分別を伴う様になったためか、鯨飲する事は無くなったものの、たまに顔を合わせると、やはり白酒となってしまう。

しかし、中国の昨今のご時世、酒への風当たりは強まっているらしい。

酒飲み日中対決の決着が付けられなかった彼は「あの時のアラーのせいだ」と言っている。

石畳の奥から聞こえる二胡の調べと同様に、

胡同の片隅の羊屋から乾杯の連呼はもう聞こえないのだろうか。

人助けとおカネの関係

週替わりポストの4番目、小さい頃から「ヒトの役に立ちたい」という思いがどこか心の中にいつもあったHagiです。

小学生や中学生の頃は漠然と「人を助けれるようになりたい」と思っていて、自分の為だけに生きてると向上する意欲が持続しない自分がいました。勉強でも一番になれない、運動でも一番になれない、でも何かを目指して生きていきたいなぁ、と漫然と思っていました。海外で活躍する慈善活動されている方などがテレビ番組で取り上げられていると食い入るようにみて、「僕もこんな風になりたい」と思っていました。

しかし… 大学を卒業し社会人になって自分で生き始めると、お「カネ」に振り回されてはいけないと気付くのと同時に、お「カネ」のありがたみも知ります。

活動するための自由な「時間」と「カネ」がないと人助けはあまり出来ないと実感するようになりました。ボランティア組織を作っても、お「カネ」がないと自分自身や自身の家族も食わせていくことが出来ない、あるいは、結局、基金や組織などの他人様の財布から「カネ」を拝借して活動資金を賄うしかない、など綺麗事でない世界を目の当たりにします。

自分のお「カネ」に多少余裕がないと、他人を助けることなんて出来ない、と思うようになりました。

お「カネ」儲けは悪いという風潮が日本にはあるような気がします。ただ、今の社会、付加価値を付けた「モノ」でないと、対価を得るのがどんどん難しくなってきています。知恵を絞ってリスクを背負って商売しないと、最低限の対価すらえれず商売を継続するのが難しくなってきています。身体が動く限り懸命に働き、キャッシュを生み出し、身近で身の丈にあった「ヒト助け」から始めてみる・・・そんな生き方もあるんだ、と思うようになりました。

「??という国(地域)の生活を豊かにするんだ!」と身勝手で押し付け的な大言壮語することより、身近な「??君(さん)を助ける」の方がよっぽど現実的で役立つことに気付くようになりました。

自分?家族?趣味?余暇?など、それぞれ人生のプライオリティがあると思います。生活をしていく上で、お「カネ」との距離感は重要だと思います。「好きなこと」を進めていく上で、お「カネ」とのバランスで「犠牲」にしないといけないこともあると思います。

皆さまはお「カネ」と「やりたい事」のバランス~どんな風に考えていらっしゃいますか?

 

ミシュラン三つ星店に行ってみた。

週替わりポストの3番手は、9月より事務局に加わった中村からです。どうぞよろしくお願いします。

10月から飲食業界に飛び込んだ私のいまの関心事は、もちろん「食」です。普段は蕎麦が好きで食べ歩く程度で、星のつくようなお店に行く機会などない庶民派ですが、この業界に入ったならば、日本の食の最高峰を体験したいなぁと思っていたところ、偶然にもミシュラン三つ星で予約の取れないレストラン”カンテサンス”にて食事をする機会ができました。その時のお話をさせてください。

 

とにかく、少なくとも日本ではこうしたレストランには行ったことのないわたくしにとって、強烈なレストラン体験でした。

実際に行って感じたことは、ものすごく哲学に溢れているということ。ペーペーの私がどれだけ理解できたのかは謎ですが、食事自体が美味しくて大満足で、想いが詰まっているのは当然なのですが、それに引けを取らず、食の道を極めた人がこだわり抜いて最高の体験ができるよう、さまざまなところに配慮と演出が尽くされている点に衝撃を受けました。

  • 決して交通の便が良くない北品川という立地
  • その中で、高級感と期待感を高めるエントランスとウェイティングスペース
  • お品書きの書いていない白紙メニューとそこに込めた想い
  • 旬の素材を使ったおまかせコースのみの提供
  • 食事を際立たせるためのシンプルな食器
  • 3週間経った今でも、鮮明に覚えているひと皿ひと皿
  • より一層美味しさを感じさせてくれるストーリー
  • そして、最後にオーナーシェフ岸田さん自らのお見送り

※食事の内容は、是非とも実際にお店を訪れてご体験してみてください

 

一方で、知らないが故に、満たされなかった部分があるのもしかり。知れば知るほど、もっともっと愉しめるのだろうなということ。

 

ますます、今後の食べ歩きが楽しみになりました。

 

 

最後に、10月に食べ歩いたお店と、それぞれのお店でのベストひと皿をご紹介します。

みなさんの美味しいLIFEのご参考にぜひ!

  1. 広尾 三合菴(そば)│せいろ
  2. 北品川 カンテサンス (フレンチ)│ 山羊乳のバヴァロワ
  3. 藤沢本町 蕎麦ひら井(そば)│天ぷら(揚げ具合が絶妙)
  4. 世田谷 石はら(そば)│せいろ
  5. 銀座 流石le蔵(そば)│冷やかけそば
  6. 三軒茶屋 床島(焼鳥)│白子の燻製
  7. 代々木上原 割烹一楓(割烹・小料理)│山わさびとゲソを添えて
  8. 千歳船橋 そば一仁(そば)│田舎十割せいろ

思いやり

9月より湘南塾事務局に加わりました山﨑です。

先週より事務局メンバーで、各々が考えたテーマについて書く企画がスタートしておりますが、今週は山﨑が担当させていただきます。

 

今週は「思いやり」というテーマについて書かせていただきます。

 

例えば、電車の中で、高齢者の方が立っている姿を見かけたら、席をゆずったり、また、ベビーカーを持ちながら階段移動する小さな子供連れのお母さんを、手助けしてあげたり等、そういった場面を見かける時に思いやりの大切さを実感する事かと思います。

 

その中で、私は直近で、素敵な「思いやり」と感じる場面がありました。

 

ある日の朝、通勤途中に私が乗車している車両で、一人の若い男性(10代ぐらい)が突然倒れました。その際、すぐに一人の男性(40歳ぐらい)が非常停止ボタンを押して、「急病人です、空けてください。」と大きな声を出して、電車内での救護のための導線を確保しながら、停車していた駅で急病人の男性を抱えて下車していきました。その後、駅員が数名かけつけた後も、付きっきりで救護を続けていました。

 

その後、救護した男性は駅に止まったまま、電車は発車しました。

 

後に、あの場面を振り返った時に、自分だったら即座にあの行動が取れていただろうか、また、人への思いやりが強いからこそのとっさの判断だったのではないか、と考えさせられました。

 

人間は一人で生きていける程強くはないと思います。だからこそ、周りへの「思いやり」を大事にしながら、困った時は助け合いの大切さを、今回の出来事を通して、改めて学ばせてもらいました。

 

皆さんも一度「思いやり」のキーワードで、普段の生活を見つめなおしてみてはいかがでしょうか?

 

それではまた次回に。

山﨑

 

 

 

第14回 湘南塾 公開セミナーのお知らせ

11月11日(土)に第14回湘南塾 公開セミナーを開催いたします。

今回は「コミュニケーション」をテーマに、プレゼンとディスカッションを予定しています。

言葉、メール、いろんな形がありますが、私たちが他者に考えを伝えたり、理解しようとする時に自然に行なっているコミュニケーション。人と関わる上で、その土台となるものですが、自分の考えを相手に伝えたり、相手の考えを理解するのに苦しむ原因もまたコミュニケーションにもあると感じます。

そう考えると、コミュニケーションというテーマ、とても気になります!

セミナーでは機密保持契約を結んだ上で、世界の様々な場所で活躍する参加者が、率直に悩みを打ち明け、共に解決策を探り、議論を通して学びの機会を作って参ります。

▼テーマ:「コニュニケーション」

▼日時:  11月11日(土)15:00〜18:30

▼参加費: 1000円
ドリンク一杯無料。昼食別途。
会場までの交通費、食費、宿泊費等は各自負担。

▼会場:NEKTON FUJISAWA(藤沢駅徒歩3分)
http://www.nekton.life/

▼モデレーター: 江尻、萩原、大和田、中村、脇坂、山﨑

▼申込方法:   参加希望者の方は以下のフォームよりエントリーをお願い致します。
https://goo.gl/forms/PvgGlslUhhGEqYE53

スタッフブログ 連載します!まずは酒編!

湘南塾の運営スタッフに9月から加わった脇坂です。

今回より、湘南塾の運営スタッフが、テーマを決めて好きなことを書く、というブログ連載を始めます。

9月の週末に新橋で飲みながらテーマを決めたので、第1回シリーズのテーマは「酒」になりました(笑)

~では、ここから、私の「酒」です~

好きな酒は、ウィスキー。

人生で一番飲んでいたのは20代半ば。毎晩、寝る前にウィスキーとジンをチェイサー代わりに交互に飲んでいた。夜ご飯代わりに(笑)

沈むように眠る感覚にはまり、別途の脇にボトルをおいて。毎週ウィスキーとジンのボトルが1本ずつくらいコンスタントになくなっていく感じ。

さすがにこの生活をしていると、健康診断では、栄養不足気味の警告を受け取ることに。20代半ばの働いても働いても仕事がなくならない状況から抜け出すとさすがにこんな生活はしなくなった。いいことだと思う。さすがに体がもたなかっただろうし。

飲み方は、普通にただただ飲んでいるのが好きなのです。

家にウィスキーのボトルがなくなるととってもソワソワする。最近は高くなりすぎた山崎の代わりに、スモーキーなLagavulinを飲むことが多くなった。あとは、若い感じのMonkey Shoulderや、甘い香りのHighland Parkが好き。ほんとは一番好きなのは山崎だけどね。

最近、時間がたったなー、と感じること。学生の頃に飲み始めるようになった山崎。今でも一番好きなウィスキーだけど、値段が昔のほぼ倍!確か4,500円くらいで買えたはずなのに、今では9,000円以上する!高いよー(笑)

大学生だった90年代には、20年前の70年代なんて遠い昔の世界な気がしていたけど、既に自分が大学生だったころは20年前。そう思うと、今の大学生が感じるような遠い昔に自分は大学生だったんだと感じることも。

時間は流れていくけど、自分自身は、子供だった頃に思っていたような生き方ができているかな?、そんなことをたまに酒を飲んだ時に思い返してみるのもいいかな。

では、また次回!

脇坂

第13回 湘南塾 公開セミナー報告

今回は、5月に続き「しくじり先生」をテーマに、これまでのメンバーの海外事業でのしくじりをテーマにディスカッションしました!

3名のプレゼンターから、

  1. 海外の職場での人間関係のしくじり:海外の職場で、自分の置かれた立場と、相手が期待する役割を認識することの大切さ
  2. 新規事業の立ち上げのしくじり:企画から撤退までの意思決定の中で、優先順位のつけ方や、意思決定をするタイミングの大切さ
  3. 新規事業のチーム運営のしくじり:事業を立ち上げるという目標と、社内ボランティアのチーム運営の難しさ

をテーマにプレゼンとディスカッションを行いました。

それぞれのプレゼンターが当事者として経験した過去を、湘南塾のメンバーが外部の視点でディスカッションするのはとてもプレゼンターの一人として勉強にもなるし新鮮でした。

来月は11月11日(土)にコミュニケーションをテーマに湘南塾を開催予定です。

こちらは詳細が決まりましたら、改めてお知らせいたします。

では、また次回の湘南塾をお楽しみに!

第13回湘南塾公開セミナーのお知らせ

10月8日に第10回湘南塾公開セミナーを実施致します。
今回は「しくじり先生スペシャル」として、参加者の失敗談を持ち寄り、同じ過ちを繰り返さないよう、その原因や学びを共有します。
また、セミナーは機密保持契約を結んだ上で、世界の様々な場所で活動する参加者が、率直に悩みを打ち明け、共に解決策を探り、議論を通して学びの機会を作って参ります。

▼テーマ:

「しくじり先生スペシャル」
その他、参加者からの持ち寄りテーマによる議論。

▼日時:10月8日(日) 15:00~18:30
▼参加費:1000円
ドリンク一杯無料。昼食別途。
会場までの交通費、食費、宿泊費等は各自負担。
▼会場:NEKTON FUJISAWA
藤沢駅徒歩3分。
http://www.nekton.life/

▼モデレーター:
江尻、萩原、大和田
▼申込方法:
参加希望者の方は以下のフォームよりエントリーをお願い致します。
https://goo.gl/forms/VQvQYMPcQyjENSjX2

第12回湘南塾公開セミナー・報告

8月2日に都内某所にて、湘南塾第12回公開セミナーを実施いたしました。

いつもとは趣向を変え、サロン形式にてざっくばらんに参加者同士で近況報告を行い、最近知的刺激を受けた事を共有しあいました。

次回湘南塾公開セミナーは10/8を予定しています。詳細は、追ってご連絡致します。

第12回公開セミナー(特別企画)のお知らせ

来る8/2に湘南塾第12回公開セミナー(特別編)を開催致します。
今回は納涼イベントとして、19時より都内にて開催致します。
参加者の近況報告、悩みの共有、知的刺激の共有等をざっくばらんに行いたいと思います。
スペースの都合から20名限定の参加となりますので、お申込みはお早めに!

概要
・日時8/2 19:00~
・場所:信濃町某所
・費用:会場費・飲食費の割り勘(会場費は1000~2000円)
・内容
→近況報告大会
→最近知的刺激を受けた事発表会(本の紹介や体験談等)
・モデレーター:江尻、萩原、大和田

お酒、飲み物、お食事の持ち寄り大歓迎です!

お申込みはこちらよりお願い致します。
https://goo.gl/forms/XfHIuPMK4JPgSO8f2