外国企業とは?

過去10年以上、アジア圏に駐在した人間として「駐在員候補の目利き」をお手伝いさせて頂く事がある。
駐在員を送り出す側も、送り出される側も海外での経験が薄いという事で、面談や現場に送り込んでのブートキャンプ方式による評価をさせていただいている。
以前は、海外工場等の立ち上げ、管理要員というニーズが多かったものの、最近では現場でマーケティングを行う、所謂BtoC業務を担う人材へのリクエストが多い。

どんな現場であれ、現地の人間と関わる上では、言語スキルよりも重要なのが「人間としての常識とスキル」なのだが、送り出す側も送り出される側も、あまりにも「人間としての常識とスキル」に欠けている事に唖然とする。
BtoCなら尚更、従業員という最も身近な顧客の目に晒されているのにである。

送り出す側にも、送り出される側にも、かならず聞く事がある。
「本質的に外国企業というのは、どんな存在だと思いますか?」

人事部からすると、送り込めと言われてタスクを実行しているに過ぎないし、駐在員候補からすると、行けと言われているのだから、考えた事すらない。

一面的な評価は避けるべきであるが、経済という観点から外国企業を眺めると、現地(外国)から富を吸い上げ、海外(日本など)へと持ち出すという構造がそこに存在している事を忘れるべきではない。
政治的なプロモーションを差し置いたとしても、中国の反日デモを目の当たりにした際に、改めてその本質を意識したものである。

そんな外国企業という本質を理解した上で、駐在員はどの様な判断を行い、どの様に振る舞うべきなのか。
スキルに傾倒する駐在員教育に対して、湘南塾では、本質を捉え、その上であるべきグローバル人材としての姿を探るための深いディスカッションを繰り広げて行きたいと考えている。
By Kent Ohwada