日本の城

湘南塾の山﨑です。

今週のテーマは「日本の城」です。

個人的に、全国の城下町を巡る事が好きで、数々の城を見てきました。例えば、江戸城(皇居)、名古屋城、大阪城、姫路城、等々。そこで、城について私の視点からお話させていただければと思います。

天守閣や櫓の形、城を取り囲むお堀であったり、一つ一つのお城には個性があります。ただお城と言えば、華やかな天守閣に目がいきがちですが、私が注目するのは、城の土台となる石垣で、実は個性があり種類も様々です。

例えば、代表的なものを2つあげますと、大きさがばらばらな自然の石を積んで築く野面積み(のづらづみ)や、石の角や面を削り、平たくして接合面の隙間をなくし積み上げる打ち込み接ぎ(うちこみはぎ)といったものがあります。

特に後者は、安土桃山から江戸時代にかけて用いられた技法で、現存する城の多くはこの石垣になり、最も先進的なものになります。時代に合った先進的な城を築くため、先人達が考え抜いて生み出した産物が400年以上経った今でも、壊れずに建ち続けている事に、改めて日本人の知恵の奥深さを感じる事ができます。

記憶に新しいのは、昨年4月に発生致しました熊本地震での熊本城です。あの巨大地震に遭って、崩落せずに持ちこたえてる様子は皆さんもご覧になられたかと思います。あの姿こそ日本の城、建築物の質の高さを象徴すると共に、被災者に希望を与える役割を果たしていたのではないかと思っています。

少し話しがずれるかもしれないですが、スポーツにせよ仕事にせよ基礎(土台)がしっかりしていないと、その先の進歩はないと思います。そんな思考も、城の土台である石垣に通じるものがあるなと感じていますし、石垣が土台として成り立っているからこそ個性的な天守閣が生み出されるわけですから。

私たち日本人になじみのあるお城ですが、石垣に注目するなんてマイナーかもしれませんが、また違った視点を持つ事で、得られる学びもあると実感しました。私自身が、以前は天守閣しか見ないタイプの人間でしたので。

今後お城を見る機会がありましたら、屋台骨でもある「石垣」に注目してみてください。

ちなみに私がイチオシの城は、松江城です!

それではまた次回もお楽しみに。