<最近の脳内刺激〜「Pokemon Go」2016年7月28日>

今流行のポケモンGOをこの数日間徹底的にやりこんでみました。

ニュースでも色々報道されている通り、街中どこでもスマホ見ながら画面をスワイプしている人がたくさん。それも、小学生から僕みたいなオッサンまでものすごいレンジのユーザーが遊んでいます。
やってみたらよくわかりますが、今までのゲームが家や室内にこもりっきりでとことんヤリコミ出来たのに対し、こいつはどんどん外に出かけなければならない仕組みというのが新しい。しかも、歩きまわって新しい場所を発見するという新鮮な体験を与えてくれるのも素晴らしい。(歩けば歩くほど健康になるしね)
勿論歩きスマホなどの問題点は多いし、事故にもつながりかねないけど、現代人をお出かけや新スポット発見のために開放したのは凄いし、マーケティング連携を考えると社会に与えるポジティブな効果のほうが高いように思う。実際観光地で人を集めたい商店は常にルアーというアイテムを使ってモンスターを集め、それを狙ってくる顧客を集めている。(江ノ島とか常時ルアーかかってる)

ゲームの仕組みとしては極めてシンプルなのに、これだけの社会的インパクトを与え、ユーザーのスマホ利用時間の殆どをLINEやSNSから奪ってしまうほどの力を発揮したことは事実。やっぱり面白いもんは「こねくりまわさなくても」面白いんだな。

あとはこれがどれだけブームとして続くのか?
徹底的に頑張ってレベル20近くまでなったので、そろそろ疲れるし飽きるかなと思ったけど、それはそれでじっくり旅先や出張先で起動してみるという遊び方もありかなと思うと、なかなか奥が深いかもしれない。。。

こういうのは、やっぱ表面だけみて評価するよりも、ヤリコミしてみないとわからんね〜 引き続き注目!

by Yuichi Ejiri